連続講座5

​能におけるプロダクションとマネジメント

連続講座第5回は、山本佳誌枝先生(公益財団法人 山本能楽堂 事務局長)を講師にお迎えして、山本能楽堂(国登録有形文化財)での収録をもとにお届けします。
山本能楽堂は長年、
お能を「現代に生きる魅力的な伝統芸能」として、舞台公演や後進の育成のほか、外国人向けの英語公演、LEDを使った演出初心者のためのワークショップなど、従来の枠組みにとらわれない活動を展開されています。先人達から受け継いで来られた無形のわざや有形物などの継承とともに、伝統芸能の魅力を今に伝える活動の意義について、日々のマネジメントにあたる事務局長の立場からお話を伺います。

【配信期間】10月6日(火)10:00 ~ 10月13日(火)18:00
【視聴申込】10月1日(木)10:00 ~ 10月12日(月)18:00 視聴申込(3)
【コメントシート】10月6日(火)10:00  ~ 10月16日(金)18:00
【オンラインミーティング(3)】

講師陣

山本佳誌枝

公益財団法人 山本能楽堂 事務局長

 能楽を「現代に生きる魅力的な芸能」と捉え直し、初心者でも気軽に参加できる公演や現代美術家の視点を取り入れた企画により新たなファン層を開拓し、山本能楽堂を中心とした能楽の普及と継承につとめている。
 山本能楽堂での公演は多岐にわたり、上方芸能をダイジェストで楽しんで頂く「初心者のための上方伝統芸能ナイト」(大阪商工会議所、大阪市、大阪観光局と連携)を2006年から継続的におこなっているほか、現代美術家の視点を取り入れた企画や外国人観光客向けに英語字幕作成などにも取り組むなど、大阪の文化力を高め、新たな観光集客へとつなげるための公演をおこなっている。そのほか2010年より海外での能の公演・ワークショップを精力的におこなうほか、全国の小中学校に出向き能の普及活動もおこなっている。これら山本能楽堂が主催する公演すべてに対し、制作サポートおよびマネジメントを担当している。
 また山本能楽堂での活動のほかに、いけばなインターナショナル大阪支部長、大阪府市都市魅力戦略推進会議委員、関西広域連合会議委員などを歴任。大阪サクヤヒメ賞、関西財界セミナー「輝く女性賞」など受賞。 2015年より、NHKラジオ深夜便「関西発日本列島くらしのたより」のレポーターをつとめる。

後援:大阪市、大阪市中央区、大阪府教育委員会

令和 2 年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業

相愛大学
文化庁
大学から文化力

相愛大学「伝統芸能コーディネーター育成プログラム」は、
令和2年度 文化庁「大学における文化芸術推進事業」の助成を受けて、伝統芸能の特性や課題を把握し、魅力を発信できる人材の育成を目的として実施するものです。

連絡先(事務局)

相愛大学音楽学部音楽学科アートプロデュース専攻
「伝統芸能コーディネーター育成プログラム」事務局
大阪市中央区本町4-1-23

Email: miyabi@soai.ac.jp

TEL: 06-6262-0653 電話番号変更いたしました。

 

人員が限られているため、電話対応できない場合もございます。

できるだけメールでの問い合わせをお願いいたします。

※当ホームページは「伝統芸能コーディネーター育成プログラム」事務局が独自に運用しています

© 2020 相愛大学 伝統芸能コーディネーター育成プログラム |  利用規約  |   プライバシーポリシー